The gift and power of emotional courage 2/3

前回の1からの続きです。

04:38 人生の美は、その脆さや儚さから切り離せません。私たちは若さを失うまでは若く、注目されていないと気づく日がくるまで通りをセクシーに歩きます。子供が巣立ちそこに静寂があると気づく日がくるまで子どもに小言を言い続け、病気の診断に屈服するまでは健康であると思っています。唯一確実なことは「不確実だ」ということです。また、私たちはこの私たちの弱さを上手に、また、持続的に扱うことができていません。世界保健機関によると、うつは、がんや心疾患を上回り、現在、世界的に主要な身体障害の原因となっています。この、いまだかつてないテクノロジー的、政治的、経済的変化で高度に複雑になってしまった時代の中で、人々は、自身の感情に対する硬直した頑なな反応に囚われていく傾向にあるように見えます。

05:42 一方で、私たちは憑りつかれた様に自分の感情をくよくよと気にやみ、思考に囚われ、「正しくあること」に執着し、オンラインのニュースの犠牲になります。また一方で、私たちは自分の感情に蓋をして、それを脇に置いておき、正当だと判断された感情のみ表現を許します。

06:03 最近行った70,000人を対象にした調査の中で、1/3の人が、悲しみ、怒り、人を失う嘆きなどの「悪い感情」と言われている感情を持つことを非難するか、もしくはそれらの感情を積極的に脇に押しやるようにしていることがわかりました。私たちは、これらのことを、自分自身に対してやるだけでなく、私たちが愛する人々、家族、子供たちに対しても行います。私たちは、ネガティブとみられる感情を恥じて抑えつけ、解決することに飛びつき、結果的に本質的に価値のあるそれらの感情を知ることができないままでいます。

06:44 ノーマルでナチュラルな感情とは一般的に「良いもの」か「悪いもの」かで分けられます。ポジティブであるということは、現代の新しい「正しいモラル」の形です。がんの人々は「ポジティブであれ」と言われ、女性は「怒りっぽくなるな」と言われ、そんな例は切りがないほどあります。それは圧政的な残虐さでもあります。ポジティブの暴政、それは残酷で、不人情で、非効果的です。私たちはそのようなことを自分自身にも、また他の人に対してもやっています。

07:33 くよくよと思い悩むこと、感情への蓋、虚無のポジティブさ、それらに共通した特徴があるとしたら、そらは全て「硬直した頑なな反応」ということです。アパルトヘイトの没落から学ぶレッスンがもしあるとしたら、「硬直した頑なな否認」はうまく働かないということです。個人にも、家族にも、社会にも、持続性はありません。氷河の頂が解けるのを見るように、それは私たちの地球にも持続性は持たらさないということです。

08:09 感情の抑制の研究では、感情が脇に押しやられたり無視されると、感情自体が強くなっていくことがわかっています。心理学者はそれをアンプリフィケーション(増幅)と呼びます。冷蔵庫にある美味しいチョコレートのように、無視しようとすればするほど...

08:25(笑い声)

08:30 それはあなたに憑りついてきます。望まない感情を無視できた時に、感情をコントロールできている気になるかもしれませんが、実際は感情があなたをコントロールしています。心の痛みは必ず表に出てきます。必ずです。誰がそのつけを払うのでしょう?私たちです。私たちの子供たちや、同僚や、コミュニティーです。

09:01 誤解しないでください。私は反ハピネス主義ではありません。ハッピーであることはもちろん好きですし、実際ハッピーな人間です。けれども私たちは通常の感情を脇に押しやり、虚無のポジティブさを受け入れたとき、私たちは世界のあるがままの姿とうまくやっていくスキルを育てる能力を失います。私は何百人もの人々の「感じたくない感情」について聞いてきました。彼らは「失望したくないから、それを試したくないんだ」とか「この感情がなくなってくれればいいのにと思う」など言います。

09:41 「わかります」と私は彼らに言います。「でも、あなたは死者が持つ目標を持っていることになりますね」と。

09:47(笑い声)

09:52(拍手)

09:58 感情に煩わされないのは死者だけですから。

10:04(笑い声)

10:05 死者だけがストレスを感じず、傷つかず、失敗から生じる失望を経験しません。辛く、きつい感情は人生の契約の一部です。ストレスと不快感や苦痛なしに、意義のある仕事や、家族を育てること、また、世界をより良い場所することはできません。不快感や苦痛は意義のある人生への入場料です。

3へ続く

The gift and power of emotional courage 2/3」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: The gift and power of emotional courage 3/3 | Wholeness of Nature

  2. ピンバック: The gift and power of emotional courage 1/3 | Wholeness of Nature

コメントは停止中です。