大切なメチレーション

葉酸の代謝が上手にできない遺伝子を持った人が3人に一人いると言われています。
この遺伝子欠損を持った人は、普通の葉酸サプリを飲んでも効きません。
これは葉酸の代謝だけでなく、身体の大切な生化学的反応のうちの1つ、メチレーションに関わります。

身体の機能は消化や代謝を含め、物質が他の物質の助けを借りながら変換していくことで働きます。
その中でも体のいたるところで行われるメチレーションという反応。
メチル基と言う物質を、ビタミンB12、葉酸、メチオニン、SAMe、ホモシステインなど様々な栄養素の代謝が歯車のように噛み合いながら、バトンリレーのように渡していく反応です。

このメチレーションは様々なことに関わります。

🌿 エピジェネティックの遺伝子スイッチのオンオフ
🌿 DNA・RNAの合成
🌿 セロトニンなど脳内伝達物質の生成
🌿 最強の抗酸化物質グルタチオンの合成や解毒
🌿 ヒスタミンの代謝
🌿 エストロゲンなどのホルモン代謝
🌿 脂肪の代謝
🌿 細胞のエネルギー生成
🌿 肝臓の機能

このメチレーションでは特に葉酸の歯車が回っているかどうかがとても重要です。

葉酸の歯車で起こること。食材に自然に含まれる葉酸である「葉酸塩」が体の中に入ると酵素の働きで形が変わっていき、最終的に「5-メチルテトラヒドロ葉酸」に変わることで、葉酸としての作用が働きます。この「メチルテトラヒドロ葉酸」に変えるために必要な酵素を「5,10-メチレンテトラヒドロ葉酸還元酵素(MTHFR)」と呼びます。この酵素を作る遺伝子がMTHFR遺伝子。

お父さんから1つ、お母さんから1つずつ受け継いでいる遺伝子の組み合わせの型のうち、677C/Tと1298A/Cの型がこの酵素がうまく働くかどうかに影響します。2個で一対の2種類の遺伝子型の中で、変異型の677Tと1298Cが多ければ多いほど、この酵素が働かなくなります。要するに葉酸の歯車を回せず、葉酸を体内で使えない。

この葉酸歯車がそもそも回っていないと、葉酸の代謝だけでなく、メチル基のバトンリレーを始められないのです。バトンリレーのスタートを切るところでつまづいて動けなくなる。

そして、メチレーションがうまく動いてない状態に関わるのは;うつ・不安症含む気分障害、高血圧・メタボ・高脂血症・動脈硬化などの心疾患・糖尿病、がん、アトピー・花粉症・喘息などのレルギー疾患、繰り返す流産、炎症性の疾患。甲状腺の問題、肝硬変などの肝臓の疾患、栄養吸収不全、様々な依存症など、ほぼすべての一般的な疾患。

またこのほかに、メチレーションが上手く回っていないサインは様々です;
🌻 慢性疲労、不眠、慢性頭痛
🌻 心疾患やうつなどの家族歴
🌻 痛みに対する弱さ、汗をかきやすい、オイリー肌
🌻 慢性の便秘、弱い髪、薄毛
🌻 血液検査での高ホモシステイン血症、上限値を超える肝臓値、上限値を超えるMCV
🌻 モチベーションの高い人、強い意志、完璧主義、寡黙なタイプ、強い競争心、強い性欲

自然の「葉酸塩(Folate)」は人工では作れません。また、MTHFR遺伝子欠損を持っている人が人工の「葉酸(Folic Acid)」を飲んでも、MTHFRの酵素が上手に作れないので、葉酸の歯車は回らず、葉酸は作用せず、またメチレーションも動きません。残念ながら、日本で市販されている葉酸は普通の「葉酸(Folic Acid)」。

そこをうまく動かすためには、すでに「5-メチルテトラヒドロ葉酸」の形になっている葉酸サプリが必要になります。これが「活性型」「自然型」「メチル化」の葉酸です。「5-メチルテトラヒドロ葉酸」「レボメフォラート・カルシウム(葉酸メチルカルシウム塩)」[ホリナートカルシウム」などメチル化された葉酸は海外で手に入ります。

メチレーションに関しては10年ほど前、ナチュロパスの間では猫も杓子もメチレーションの話をするほど盛り上がっていましたが、これも遺伝子変異の「木」だけにとらわれ「森」を見ないと必ず足元をすくわれます。活性型葉酸だけをとればよいわけでもなく、ビタミンB12や補酵素のビタミンB6、B2、ビタミンC、亜鉛なども必須。

また、MTHFR遺伝子欠損の他にメチレーションの働きを阻害する要因を除去することも大切です。
🌿 重金属、汚染、化学物質
🌿 炎症
🌿 加齢
🌿 栄養の偏り
🌿 アルコール摂取、喫煙

心疾患やメンタル系の疾患にとても重要なメチレーション。何よりも、流産や神経管欠損(NTD)の予防のために不可欠の葉酸が働いているかどうか。正しいサプリメントの選択とバランスのとれた食事はとても大切。

ただし、メチレーションが回っていない人もいれば、メチレーションが回りすぎている人もいます。メチレーションが回りすぎている人に活性型のビタミンB(B12含め)を与えると逆効果になることもあるので、この内容は知識として理解し、サプリメントの選択は専門家にきちんとアドバイスを受けることも大切です。