その痛みはIBS?それとも子宮内膜症?

子宮内膜症は珍しいものではありません。一般的には女性の10%に見られるとされていますが、それはあくまで診断されている患者の数字で、研究によっても有病率が異なるとされています。症状も治療が不要な軽いものから重いものまで様々なので、診断されていない人はもっとたくさんいるかと思います。

続きを読む


おっぱいフローラ

シドニーに残してきた荷物の中で一番早く手元に戻したかったのはこれ。まゆさんの木の写真。まゆさんは文武両道でしかも美しいフォトグラファーで、おこがましい言い方ですが、私が目にしている木や自然の姿そのままを切り取って写真にしてくれています。愛で方、美しさの見方、エネルギーの感じ方、コミュニケーションの仕方、どれをとっても「これ、これ、これ」という、本当にハートがぎゅっとする木々の写真。

続きを読む


4月22日ナチュロパシー講座「婦人科系疾患」の予告

最近はフォローアップコンサルが多くなってきていて、新規も含めて、5月後半までコンサルの予約がほぼ埋まってしまいました。嬉しい悲鳴。お待たせしてしまいますが、この先は6月以降のご予約になります。

コンサルの合間に、今月末の講座「婦人科系疾患」の資料を頑張って作成しているところです(まだできていないのか!)。

続きを読む




子宮内膜症と環境ホルモン

ここ数週間、顔のかぶれで自分の体に注意が集中していたので、リセットするために今日は深川不動尊の護摩焚きに行ってきました。すっきり。顔も順調に少しずつ治ってきています。

お散歩途中、お気に入りの公園で藤の花が満開でした。

今日はちょっと子宮内膜症についてお話します。

続きを読む